この先どうなるのか不安になるようなことをあえてした方がいい

不安っていうのはまだ起きていない悪い未来を想像することによって湧き上がる感情で、人はそんな不安を恐れて安心を求める。

安心できるような安全な状況は、動物として長く生存していくために必要な環境だ。

それでも今はそこら中にきみを食べてしまうような獣がうろついているわけでもないし、突然の災害で命を落としてしまうのはかなり稀なことだ。

 

命を脅かされるほどの危険な出来事っていうのは本当に万が一と言われるほどの確率なのにも関わらず、誰もがそんな万が一の確率の最悪の事態に怯えながら生きている。

ニュースでは悪い事件ばかりが流れて、まるで最悪の事態がそこら中で起きているような錯覚に陥っているんだ。

でも実際にはそんな最悪なことはほとんど起こることじゃないんだよね。

 

命を落とすわけでもないことでも、お金がなくなって生活していけなくなってしまう不安や、病気になってしまうかもしれないという不安、人から嫌われて誰からも相手にされなくなってしまう不安、考え出したらキリがないほど不安のタネはそこら中に散らばっている。

そして、不安にどっぷり浸かってしまった人々が、さらに多くの人に不安を煽って道ずれを作ろうとしている。

 

でもこんなものは全てまだ起きていない未来の出来事であって、今きみに起きていることじゃない。

単なる先入観で恐ろしいと感じている不安だって、フタを開けてみれば不安になるほどのことでもないようなことがたくさんある。

経験もしていない未来の出来事を必要以上に怖がって、その不安をなんとかしたいともがいてしまっているんだ。

 

この先どうなるのか不安になってしまうようなことは、基本的にきみが今まで避けて通ってきた道だ。

何でもありのこの世界で自ら選択肢を狭めてしまって、自分の生き方を小さく縛り上げてしまっているんだ。

だからこそ行き詰まった時に、その解決方法が眠っているはずの選択肢を選ぶことができなくなってしまう。

 

不安を恐れてその先どうなるか分からないようなことを避けていれば身動きが取れなくなってしまい、今まで生きてきた中でその解決方法も見つからなければ、人生もうどうにもならないと思いつめてしまうことになる。

未来を恐れて選ぶべき手段が取れなければ、きみが望んだ生き方なんて出来るはずがない。

 

望むものを手に入れるために先入観からこの手段は取れないなんて思っていれば、それを手に入れられる確率は格段に低くなってしまう。

自分が目指すゴールから逆算して取りうる手段は何だってやるつもりで生きていれば、この先どうなるのか不安になるようなことも経験しなければならない。

でもそうやって手段を選ばずにゴールを目指さないことには、本当に望むものは手に入らないまま人生を終えてしまうんだよ。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント