頑張るなんて心にも体にも悪いんだから嫌いならやめちゃえばいい

頑張りを認めてくれるのも、頑張れとけしかけて来るのも自分ではなくて他人だ。

そんな他人の言うことに乗せられてその気になるから、自分は頑張れば認めてもらえるとか、頑張らないと叱られるなんて思ってしまうんだよ。

頑張るってことは自発的じゃなくて、他人の影響をガンガンに受けているってことなんだ。

 

自分が望んで好きでやってることって、やってる最中に頑張ってるなんて意識はないものだ。

だって好きでやってるんだから頑張るも何も、ただやりたくてやってるんだよ。

これって逆に言えば、頑張ってるって自分で思うようなことって好きでもなんでもないんだよね。

 

誰かに煽られてやらなきゃいけないって思い込んでるから、自分にムチ打って頑張ろうとか思っちゃうわけ。

本当にやりたいことって誰に言われなくても勝手にやるし、長時間やっててもイヤだなって思わない。

だってそれが好きなんだから。

 

だから頑張ることはいいことだっていうのは、頑張らせたい側の都合のいい言葉なんだよね。

それに騙されてその気になってしまっていたら、そりゃ頑張ったのに報われないなんて文句の一つも言いたくなってしまう。

頑張ったのに報われないのは、頑張ることは自分のためじゃないからなんだよ。

 

だったら自分が報われるためには頑張るのやめればいいじゃん。

頑張ろうなんて思わなくても、誰に強制されなくても、好きだからやりたいってことをやってればいいんだ。

そうすりゃ誰かに認められなくても、褒めてもらわなくても、自分で自分を満たすことが出来るから辛くない。

 

頑張ろうって思って何かやっていると、自分の中にもともとある好きっていうエネルギーを使ってないからどこか無理をすることになる。

無理してそれをやっていれば、気持ちに悪い影響が出てきてメンタルがやられちゃうよね。

散々頑張らされた挙句に自分のためには何もならないことが分かった時には、今まで何のために頑張ってきたんだろうって虚しくなってしまう。

 

気持ちが前向きじゃないのに頑張り続けていれば心にも体にも悪い影響が出る。

ストレスが溜まって、それを発散するためにギャンブルに溺れたり、買い物して散財することで気を紛らわせたり、病気になってしまったりする。

体が弱れば気持ちは沈むし、気持ちが沈めば体も弱る。

 

頑張ることが報わないのは、頑張ることにいいことが何にもないからだ。

そんなことに人生を捧げて頑張ってしまうのは自分はどうなっても構わないと自分を捨てているのと同じことだ。

自分の人生を大事にしたいなら、頑張ることはやめてしまって自分の好きなことに人生を捧げればいいんだよ。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント