何でも思い通りになる人は自分に素直に生きてる

何でも思い通りになる人生を歩んでる人っているもので、そういう人は苦労してないんだろうなとか、羨ましいから自分もそうなりたいって思うことがある。

でも思い通りに生きれるのは、生まれがいいからだとか、持ってるものが違うんだとか、自分とは違うから同じようになれないって思ってしまう。

そこで思考停止して諦めてしまえば、何でも思い通りになる人になることはできないんだよ。

 

何でも思い通りになる人は、手に入れてるものの大きさとかキラキラした雰囲気で、きっと何も苦労していないんだろうなって勘違いしてないかな?

確かに思い通りに生きれればそのぶん楽しいことや幸せなことが多いけれど、苦しいことや辛いことがないわけじゃない。

ただ苦しいことや辛いことが、楽しいことや幸せなことよりも少なく済んでるっていうだけなんだよ。

 

自分の思った通りに生きるためには何の努力もいらないってことはなくて、自分の思い通りを優先させるために数多くのものを捨てなければならないんだ。

場の空気を読んで他人の考えを優先させるなら自分の思いを引っ込めなければならないし、お金のために働くのは自分の気持ちを後回しにすることになる。

そうやって自分を犠牲にして他のものを大事にすれば、自分の思い通りに生きれないのは何も不思議なことじゃないよね。

 

思い通りに生きるためには、これと逆のことをすればいい。

自分がやりたいことを我慢してまで誰かのために尽くすことはないんだし、納得のできないことにしょうがなく従うことなく自分を貫けばいいんだし、イヤだなと思うような相手と一緒にいることなく自分が付き合いたい相手と付き合えばいいんだ。

つまり、自分の気持ちや願い、望んでることに素直になればいい。

 

何でも思い通りの人生は自分の中身と行動を揃えることで実現できる。

だから自分が望まないことは切り捨てないといけないし、気が向かないことはやってる暇はないし、どうでもいいと思うことには関わっていられない。

人生に残された時間は限られているんだからね。

 

自分に素直になるためには、自分が何を考えて何を望んでいるのかを知ってる必要がある。

自分がどうしたいのかすら分からないようじゃ、思い通りに生きることなんて出来るわけがないんだからね。

そして、自分に必要なもの以外はきっぱりと捨てる覚悟を持って、それを実際の行動に移していく勇気が必要になる。

 

これを乗り越えた先に何でも思い通りになる人生が待っている。

捨てるもの以上に得られるものが多いんだから、目先の損得にこだわって何もしないなんてもったいないよ。

まずは自分に素直になってみれば、そこから色々見えてくるものがある。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント