やってみればいい

叶えたい夢や到達したい目標はあるだろうか?

昔からずっと夢見てること

最近見つけた目標

いつかはやってみたいこと

きっと一つくらいはあるだろう。

 

今きみはその夢や目標に向かって何か取り組んでいるだろうか?

忙しいから

怖いから

今あるものを失いたくない

こうやって言い訳して見えない振りをしないで欲しい。

 

きみの心の声を聞けるのはきみしかいないんだから、やってみればいい。

 

やってみれば何かが分かる

何か小さなことでもいい。

夢や目標に向かって何かやってみることだ。

 

そうすれば結果はさておき何かが分かる。

失敗したって、あまり上手く行かなくたって、ゴールに近づくためのヒントが何かしら手に入る。

このヒントは次のステップを踏み出す助けになるはずだ。

 

でも、何もやらなければ何のヒントも手に入らない。

そうなっては次のステップが踏み出せずにつまづいてしまう。

 

どんなに小さなことでもやってみれば絶対に何かしらの結果は出るんだ。

これは真理だからいつ、いかなる時もゆるがない法則だ。

 

上手くいくかどうかは分からないが、上手くいくためのヒントが確実に手に入る。

やってみる方がやらないよりも何倍も得なんだ。

 

やってみれば自信がつく

やってみてヒントが手に入る、そのヒントを元にまたやってみる。

これを繰り返してると少しずつでも上手くいく確率が上がっていく。

 

確率の低い勝負ばかりしていると自信もなくなってしまうよね。

でもどうだろう、勝てる確率が高い勝負って自信満々で挑めるよね。

 

とにかくやってみるってことは、上手くいく確率を上げるための過程なんだよね。

やってみることがいかに得か分かってきたかな?

 

やってみたことは無くならない

やってみて分かったってことは無くならない。

次に進むためのヒントも、上手くいくための方法も一度知ってしまえば無くならないんだよ。

 

それを無かったことにしちゃうかどうかは全てきみにかかってる。

きみが諦めてしまって投げ出せば、今までその夢のためにやっていたことは無くなってしまう。

 

でも諦めずにまたやってみれば、無かったことにはならないから。

やってきたことに全て意味を持たせるかどうかはきみしだいだ。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント