才能がないから生きる価値がないって思うことはないんだよ

自分には才能がないなんて悩んでいないかな?

 

才能っていうのは難しい。

何を持って才能があるというのかは人によって違う。

多くの人から羨ましがられるような才能を持っている人もいれば、何の役に立つんだか分からないような才能ならあるのにって人もいる。

だから成功者のことを一言で才能があると言っても、色んなタイプの人がいる。

 

人の基準で才能という言葉を受け取ってしまうから、その正解のなさに悩んで迷って、諦めてしまうことになる。

 

だから才能があるとか才能がないとか、そんなの気にしなくていい。

 

才能とは結果のことだ

色んな人が言う才能は色んな種類がある。

でも才能があると言われるような人は、みんな何かしらの結果を出している人だ。

少なくとも結果を出していない人が、才能があると認められることはないだろう。

 

誰もが才能があると認める人もいれば、一部の人から熱烈に才能があると認められる人もいる。

色んなタイプの成功者がいても、結果を出さずして才能があると認められた人はいない。

 

まだ花開く前に才能を認められて世に出た成功者だって、小さいながらも何かしらの結果を出していたからこそ人の目に止まったんだ。

才能を見込まれるだけの何かがあったから、花開く前に人から認められたんだ。

 

だから結果さえ出せればきみにも才能があるということなんだ。

 

才能があるかないかは誰にも分からない

今やっていることも、これからやろうとしていることも結果は誰にも分からない。

まだ結果が出ていないことには、才能があるかないかなんて当然分からないよね。

結果が出る前から、才能がないかもしれないと思って諦めていたら、どんな才能も見つかることはないだろう。

 

もし誰かに才能がないからやめろと言われても気にしないことだ。

存在する人間全てに才能を認められるなんてことは、不可能に近い。

同じことをしていても、それを見る人が変われば評価も変わる。

 

例え理解してくれない人がいても、そのぶん分かってくれる人もいるということだ。

まだ見ぬ理解者と出会うためだと思えば行動にも弾みがつく。

 

そのためにはきみがそこにいることをアピールし続けることだ。

 

才能があると信じて行動すること

仮にきみの理解者がいるとしても、きみが声を上げ続けないとそんな理解者と出会うことも出来ない。

きみが諦めてしまえば理解者と出会うことなく、花開くはずだった才能はないものとされてしまう。

 

自分の才能を信じずに行動することは、結果が出ないことを信じて行動するのと同じことだ。

結果を出したくてやっているならば、結果が出ることを信じて行動しないと叶わない。

 

結果が出ることを信じて行動することが自分の才能を信じることになる。

自分の才能を信じれば、同じように才能を信じてくれる理解者と出会い、才能を認めてもらえる。

そうすれば才能がある人にはなれる。

 

だから才能がないと諦めることはない。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント