本気になりたいことを探すなら捨てることから始めよう

自分にはこれしかないと言えるほどに本気になれることを見つけるって難しいことだ。

これなら本気で取り組むことができるんじゃないかと思って始めたことでも、いまいち本気になれないことってあるよね。

それでも本気で好きになることが出来たらどれだけ満たされた人生を送れるだろうって想像すると、諦めて探すのをやめようなんて思えないんだ。

 

どうして本気になれないのかを考えてみるとね、それは他にもやりたいことや好きなことがあるからなんじゃないかな?

仕事でも趣味でも恋愛でも、他にも目移りしてしまうようなことがあると、どうしても本気になりきれなくて中途半端になっちゃう。

それは当然のことで、自分の使える時間だってエネルギーだって限られているのに、より多くのことに分散されていれば、一つ一つに注ぐエネルギーも分散してしまうんだ。

 

そうやってどれもこれも中途半端になってしまうと、一体自分はどれが本当に好きなんだろうって分からなくなっちゃう。

だから同時にあれもこれもって考えずに、今はこれだけって専念することで本気になれるようになる。

 

もしも他にも目移りしてしまうなら、一つ一つ集中して向き合う方がいい。

どうしても先入観ってものがあって、自分の想像していたことと違うことなんてたくさんある。

本気で取り組もうと思っていたこともやってみたら中身が思ったようなものじゃないならば、すぐ次のことを始めればいいんだよ。

 

自分の持ってるエネルギーを集中させて本気になりたい時は、自分にはこれしかないと覚悟を決められるような環境を作ることだ。

本気になりたいこと以外のことは全て捨ててしまって、いっさい保険がきかないように自分を追い込んでみるといい。

 

自分にはまだこれがあるからっていう余裕は、本気を出すためには邪魔でしかない。

もうこれしかないと思えるようにするためには、他のことに目移りしないくらいに捨てまくってしまうんだ。

この人だと決めた相手と付き合いたいなら他の付き合いは全て断って人間関係を絞ってしまうとか、スポーツをやりたいと思うなら他の趣味のものは全部売り払って処分してしまうとか、色々あるだろう。

 

そうやって他のものが目に入らないようにすると今の自分にはこれしかないって思えるようになってくる。

目移りしなければ時間もエネルギーも、使える限り本気で取り組みたいことに使うことができるし、自然ともうきみはそれをやるしかない状況になっているんだ。

 

なかなか決断ができずに捨てることが出来ないと何かに本気になることは難しい。

自分と向き合ってみて、これが手に入らない人生だったらもう終わりでもいいと思えるようなものを探してみよう。

ほとんどのことは、なくても人生終わりだとまでは考えられないはずだ。

 

そういうたいして情熱を持てないようなことは、きみがやるべきことじゃないってことなんだよ。

どうしても手に入れたいものを見つけるためには、まずは邪魔になってるものを片付けて行くことだ。

そうやって少しずつ選択肢を絞って行けば、自然ときみが本気になれるようなものと出会えるんだよ。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント