自分のことしか考えられないのを改善しようなんて思わないでいい

自分のことしか考えていないことを自己中心的だとか批判する声は多いけれど、そうやって批判する人こそ自分のことしか考えていないもんだ。

イヤな思いをしたり見ていて我慢できなかったりすることを、みんなもそう思うだろう?と煽って人を批判するのは、自分のことしか考えていないからだ。

どんなに口ではいいこと言ってるように見えたとしても、結局みんな自分のことしか考えていないんだよ。

 

自分のことしか考えていないっていうのは別に悪いことじゃない。

自分を差し置いて他人を優先するなんて、自分を抑え込んで苦しい思いをするだけだ。

なんでも他人に譲ってしまえば都合よく扱われたり、主張をしない空気のような存在になってしまうよ。

 

自分のことしか考えていないっていう批判をする人間は、自分の思い通りにならない人間を排除したいだけで、それこそまさに自分のことしか考えていないんだ。

みんなもそう思っているはずだと自分を正当化して、声を大にして自分よりも思い通りにしてる人を批判する。

だからこの手の批判は聞く必要はなくて、自分のことしか考えられないのは悪いことで、それをなんとか改善しなきゃなんて思うことはないんだよ。

 

そして他人のことを考えてばかりいると、人に干渉しすぎて余計な世話を焼く人間になってしまう。

自分の好きなように考えて行動したい相手にいちいち干渉して、あなたのためを思ってとか恩着せがましいことを言うようになる。

他人のことを考えるのがいいことだと思い込んでしまえば、世話を焼くことを拒否されれば「せっかくあなたのことを考えたのに」と怒り出してしまう。

 

だからわざわざ他人のことなんか考えないで、自分のことだけ考えていればいいんだよ。

自分が何をしたいのか、どうしたいのか、これはやりたいことなのかって自分のことだけ考えるんだ。

そうやって自分と向き合っていれば、人が何をしてようが、どうなろうが全然気にならないもんだから。

 

そうやって自分のことだけ考えて行動したことが、誰かしらの為になることだったら何も問題ない。

どんなに大勢が否定するようなものでも、ちょっと探せば一人くらいは興味を持ったり面白がってくれたり必要としたりしてくれる。

自分のことだけ考えた結果、自分と少しの人を満たせるんならそれでいいじゃないか。

 

他人のことを考えたところで一人も満たすことはできないことだってあるのを思えば、最低自分だけでも満たすことができて、さらに他の誰かも満たすことが出来るなら、自分のことだけ考えていた方がよっぽどいい。

人に構っていないで、自分のことだけ考えていればいいんだよ。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント