人の気持ちを受け止めるのは自分を満たしてからでいいんだよ

人の気持ちを理解して受け止めるのは当たり前のことで、それが出来なければ性格が悪いとか、自分勝手だとか、自分さえ良ければいいのか、なんて言われてしまう。

そんな風に言われるのが嫌だから形式的に人の気持ちを分かったような顔して、受け止めたフリをしてないかい?

そんなことしたって人の目を気にしているだけで、何も意味ないんだからやめちゃいなよ。

 

人の気持ちを受け止めるのは、その人の気持ちが理解できなければ出来ないようなことだ。

そして、そんな人の気持ちを理解するっていうのも、その人と深く関わらなければ理解したフリで終わってしまう。

だから、対して深くも関わっていないような相手の気持ちなんかは分からないものだし、理解できなきゃいくら悪く言われようとも受け止めることなんて出来ないんだよ。

 

ただそこで悪く言われるのが怖いからって無理に人の気持ちを受け止めようとしたって、それは単純に自分を偽って騙しているだけだからどこかモヤモヤしてしまう。

自分はこんなに頑張って自分を犠牲にして人の気持ちを受け止めているのに、なんでみんなは自分のことを分かってくれないんだって怒りを感じてしまうんだよ。

だからなんだか辛いし苦しい。

 

元をたどれば、きみが勝手に人の気持ちを受け止めようと分かったフリをしてしまっていることで、そうやって無理した感情が自分に戻ってきて攻撃的になってしまっているんだ。

分からないものは分からないと言ってもいいんだから、まずはそんな人の気持ちを理解できない自分を認めちゃえばいいんだ。

人の目を気にして自分を偽るのは、自分自身が自分の味方をしていないようなもんなんだからね。

 

しょうがないよ、だって分からないんだからって自分を認めて、自分の味方になってあげれば少し辛いのも苦しいのも楽になる。

無理をしないから、自分のことを分かってくれないって他人を責める気持ちも小さくなるはずだ。

自分に正直になって、分からないものは分からないって認めてしまえばいいんだよ。

 

自分には自分っていう理解者がいるんだって安心できるようになると、その心地良さを実感するだろう。

そうなって初めて、自分以外の誰かの気持ちを理解しようとか、その気持ちを受け止めようって自然と思えるようになるんだ。

味方がいるっていうことがどれほど心強いかということを理解してないうちから、自分が誰かの理解者であろうとする必要はないんだ。

 

まずは自分を満たせばいい。

自分を満たせば、気持ちを受け止めることの大事さがよく分かるようになって、それを自分で独り占めせずに人に分けてあげたいって思えるようになるんだから。

何も無理することはないんだよ。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント