夢を叶えるなんて簡単なんだから諦めないでいいんだよ

生きていれば将来なりたい自分を想像して大きい夢を持つことってあるよね。

プロ野球選手になりたいとか、女優になりたいとか、ミュージシャンになりたいとか、会社を起こして社長になりたいとか、億万長者になりたいとか、人の数だけ大きな夢がある。

でもそうやって夢を叶えられる人は一握りの人間で、運が良かったりよっぽどの努力がないと叶わないと諦めてしまうことになる。

 

大きい夢っていうのは限られた人だけが夢を叶えられて、成功を掴める人が少ないからこそ、多くの人が価値を感じて憧れを抱きそこを目指す。

そして年齢やモチベーションや金銭面を理由に多くの人が諦めてしまうから、夢を叶えるのはとても難しいことだと思ってしまう。

でも夢ってものは結構簡単に叶えられるもので、諦めてしまうことはないんだよね。

 

夢を大きく捉えすぎてしまうから、夢を叶えるのが難しいことだと思ってしまうんだ。

夢を諦める前に少し考え方を変えて、きみがなぜそれを夢だと思って追いかけているのか原点に帰ってみよう。

原点に帰ってみれば必ずしもプロ野球選手や、女優や、ミュージシャン、社長や、億万長者になる必要なんてないのかもしれないんだよ。

 

たとえば野球が好きでずっと野球をしていたいからプロになりたいと願うのであれば、きみは野球ばっかりやって生活できれば夢は叶うことになる。

だったらそこにプロの選手である必要はないんだよね。

別で働きながら生活の大半を野球に捧げれば夢は叶っているわけだし、働かなくても収入があるなら野球ばっかりやってる生活も成立する。

 

野球をやって生活するためにはプロにならないといけないという、視野の狭さや先入観が夢を諦めることに繋がっているんだよ。

そのプロになれなければ好きなことは出来ないという思い込みを捨てることが出来れば、夢を叶えることなんて簡単なことだと分かるはずだ。

もし働きながら野球をする生活はイヤだと思えば、野球をすることでお金を稼げる方法や、働かなくても生活できる方法を考えればいいんだからね。

 

プロ野球選手になるというこだわりさえ持たなければ、こんな風に野球ばっかりやって生活する方法はいくらでも見つかるもんなんだ。

女優でもミュージシャンでも社長でも億万長者でも同じことだ。

なぜその夢なのか?もう一度向き合って深くまで掘り下げてみよう。

 

億万長者になりたいという夢だって、生活に困りたくない、欲しいと思ったものを買える財力が欲しい、とても高価な欲しいものがある、っていう何か理由があるはずだ。

自分が目指しているのはどんな状態なのかをしっかりと認識できれば、視野も広がって手段や方法もたくさん見つかる。

夢を叶えるのは簡単なんだから諦めないでいいんだからね。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント