要領が悪くてもいい

同じ時期に同じことを始めたはずなのにあの人はなんで、、、

要領が悪い自分がイヤになってしまうことあるよね。

 

上手くできる人をわざわざ見つけてきては自分を責めてない?

要領が悪いってのは字だけで見てしまうと悪いことのように思えるだろう。

 

でもね要領が悪いのってダメなことじゃないんだ。

もっと大きな視点で見てごらん。

 

要領よく出来ない方がもっとやりたくなる

要領が悪いことのどこにメリットがあるのか。

それはなかなか上手くいかない状況に身をおけるということ。

 

なんでも簡単に上手くいってしまうことを想像して欲しい。

最初のうちはきっと楽しいだろう。

自分はなんでもできるんだ!という万能感で満たされるに違いない。

 

でも簡単に上手くいくことって続かない。

単純作業をずっとやり続けられるか

簡単すぎるゲームを飽きずにやり続けられるか

答えが分かる問題を解き続けられるか

こんなのちょっとやったらもういいやって思うよね。

 

要領が悪くて苦労したとしても、もっとやりたいという気持ちになれるんだ。

 

要領が悪ければ楽しいことも多い

なんでもそうだけど苦労を重ねながら上手くなっていく過程って楽しい。

苦労してる時は落ち込んだりしてしまうけど、やっと上手くいった時の快感といったらない。

 

要領が悪ければ悪いほど楽しめる数も多いってことなんだよね。

下手すぎる

やめてしまえ

何してんだ

こんな風に言われたとしても上手くなって見返すことができる。

 

始めから上手く出来ているよりもよっぽど気持ちいいよね。

 

スロースタートだからこそすごい成長を遂げられる。

要領が悪いからこそ化けられるんだ。

 

要領が悪くても続けたもん勝ち

やっぱり上手くいくまでには時間がかかる。

その間にやめてしまうこともあるだろう。

 

もし要領が悪いなときみ自身が感じることがあれば諦めずに続けて欲しい。

逆境は成功の喜びを何倍にもするスパイスだ。

そんな美味しいニオイを嗅ぎとれるようにアンテナを張ろう。

 

きっと今までもチャンスはたくさんあったはずだ。

逃したチャンスを無駄にしないために、これからやって来るチャンスを捕まえよう。

コメント