自分を貫く生き方をすれば人のせいにしようだなんて思わなくなるよ

ついつい人に流されてしまったり人の言うことをそのまま受け入れてしまえば、人のせいにして自分は悪くないと逃げ回ることになってしまう。

本当は流されることを決めたのも、言うことをそのまま受け入れることを決めたのも自分自身なのに、それを忘れたり気づかないフリをして誰かのせいにする。

でもそんなんじゃ、自分が辛い思いしてるのは誰かのせいなんだって思ってずっと生きてくことになる。

 

人は生きていれば誰かしらの影響を受けるもので、それは偉い人の言うことかもしれないし、身近な誰かのやることかもしれない。

それでも影響は良いものばかりじゃなくて、時には悪い影響だって受けてしまう。

人から影響を受けてばかりいれば自分の生き方が他人依存になってしまって、良い影響を受けるか悪い影響を受けるか運次第できみがコントロール出来ることは少なくなる。

 

他人が何をしようが何を言おうが自分を貫くことで、自分のことは全て自分が決めてその責任は全て自分で負うことになる。

たとえ誰かに批判されようとも、やめとけと止められても、あなたのためを思ってアドバイスしてるのにと言われようとも、自分を貫けばいい。

人の話を聞かないで自分を貫けばその責任は全て自分に降りかかり、誰かのせいにして言い訳をする余地がなくなるんだよ。

 

自分を貫く生き方をして人のせいにすることをやめれば、自分が何を選ぶか決めるために自分自身とより深く向き合うことができる。

自分が選んだものが全て自分に返ってくると思えば、何かを選ぶ時も真剣に選ぶようになって、自分の選択の行く末がどんな結末になるのかをしっかりと考える。

 

みんながやっているからという理由だけで大学に行ったり、会社に務めたり、スクールに通ったりしていれば、自分のことなのにどこか他人事のようでいまいち身が入らない。

だけど、みんながやっていようとも大学に行かないこと決めたり、会社には入らないと決めたり、スクールに通わないと決めたりすれば、全て自分で考えて行動する必要に迫られる。

自分の行動が直接、自分に返ってくるからよっぽど真剣になれるし、将来のことだって深く考えて、自分はどうすれば満たされた人生を送ることが出来るかってことに向き合うことになるんだ。

 

どんなにみんなが当たり前のようにやることだって、きみはきみ。

どんなに偉い人が言っててみんながありがたがって聞いている話だって、きみはきみ。

どんなに身近な人が熱心に助言してこようとも、きみはきみ。

 

誰に媚びるわけでもなく、誰になびくわけでもない自分を貫く生き方すればいい。

人のせいにしてウダウダ生きるよりも全て自分で選んで決めたことだって腹をくくって生きれば、どんな人生だって良い人生だと思えるよ。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント