自分で考えて選べばいい

人の判断や考えに任せて後悔してしまったことはないだろうか?

人生というのは選択や決断の連続で、その一つ一つが大きな意味を持つ。

 

もしあの時、あっちを選んでいたらどんな生き方をしてただろう、今選んだ道を進んでいなかったらきっとここにはいなかっただろうな、こんなことはたくさんある。

判断に迫られているその瞬間は小さな出来事だったとしても、後になって大きな分岐点だったということが分かることもある。

それほどまでに何を考えて何を選ぶのかということは、人生に大きな影響を及ぼすものだ。

 

きみはそんな大事なことを人任せにしてしまっていないだろうか?

どんな小さなことでも自分で考え、それを選ぶことが自分に責任を持つということになる。

 

人任せにしてしまったことが悪い結果になってしまえば、きっと任せた人を責めたい気持ちは少なからずあるだろう。

なぜそんな大事なことを人に任せてしまったのかと自分を責めることもあるだろう。

 

だから自分で考えて選べばいい。

 

人任せに生きても自分のためにならない

人任せに生きるということは、自分の人生の責任を相手に丸投げしてしまうことだ。

誰かの考えたことや判断に任せてうまくいったとしても、それはきみがやったことではないし、きみの成長に何もつながらない。

うまくいかなかった時は相手を責めてしまって、きみ自身が反省して行動を変えようと思うことはほとんどないだろう。

 

一般的な常識ではこうやってるから同じようにしておこうとか、そうするのが当たり前だから何も考えずにやるとか、これはやった方がいいからと強く勧められたからそのままやってみるとか、人任せにして自分で考えることを放棄してしまっていることはたくさんあるはずだ。

 

そうやって自分で考えて選ぶことをやめてしまっていては、何かあれば人のせいにする人生を送り続けることになってしまう。

そんなつまらない人生を送ってしまうのは、きみが何も考えないで人任せにするという選択をしてしまうからなんだ。

 

自分で考えて選んだことなら何か得るものがある

自分で考えて選ぶということは少なからず責任が生じる。

失敗をすれば誰かに叩かれるし、責められるし、批判だってされるだろう。

それでも自分で考えて選ぶということに意味はある。

何も考えずに人任せにしていては得られないものがあるんだ。

 

人任せにしたい人達からすれば、自分で考えて選べるというのはそれだけですごい人だ。

たとえ結果が失敗だったとしても、自分で考えて選ぶというだけでも多くの人達から抜きん出ることが出来る。

数が少ないというだけで希少な存在になることが出来て、きみじゃないとダメな理由を作ることが出来て、価値のある人となる。

 

そして、考えて選んだ結果がうまくいったとしたらきみは望みを叶えたということになる。

うまくいっても失敗しても得られるものはあるんだ。

 

例え失敗しても次に活かせる

失敗を恐れて挑戦しないこと自体が損失だ。

失敗からは学ぶべきところや、得られるものがたくさんある。

 

考えて選んだことがうまくいかなければ、なぜ失敗したのだろうか、どうすればうまくいくのだろうか、次はどうすればいいのだろうか、とさらに考えることが出来る。

これは失敗をしなければ得られないことだ。

 

それだけではなく、たとえ失敗したとしても絶対に手に入るのは経験だ。

自分で考えて選んだ経験があれば、それを次に活かすことが出来る。

自分で考えることもなく、選ぶこともしなければ経験は手に入らない。

 

人任せにしてしまって、自分で考えず、選んでもいないなと思うことがあるなら変えてみよう。

自分で考えて選べばいいことばかりなんだから。

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント