生きててもいいことなんてないなら今の生き方やめちゃえばいい

生きててもいいことなんて何一つないし、この先ずっとこのまま生きていかないといけないなんて想像したらもう絶望しかない。

こんなんじゃ一体なんのために生きてるんだか分からないし、未来に希望なんか持てるわけがないんだよね。

そんな人生を歩むくらいなら、今の生き方をやめてみたらどう?

 

今きみを取り巻いている環境は、自分が気づかないうちに選びとって、集めてきたもので囲まれているんだよね。

生きててもいいことないって思うような人生は、知らず知らずのうちに自分自身がそうなるように選んじゃっているんだ。

そんなバカなことはしない!なんて思うかもしれないけれど、自分が気づかないうちにやっていることって、自分で気づくのはきっかけがないとなかなか難しいんだよね。

 

たとえば、心を許せるような友達がいないのは、たまたま周りに打ち解けられるような相手がいなかったっていうこと。

でもそこで終わってしまえば、心を許せる相手は現れない。

そんな心を許せるような相手を探して色んな人と出会ってみるっていうことが、まだ出来るはずなんだけど、その可能性を捨てて諦めてしまっていないだろうか?

 

そんな相手がいるわけないと、探すのを諦めてしまっているのは実はきみが選んだことだ。

まだ他にも出来ることが残っているのに、可能性を捨てて諦めるという選択をするから、いつまで経っても心を許せるような相手が現れることはない。

たまたま巡り合わせでそんな相手と会えることだけを願って、ただただ待っているだけだから願いが叶わないんだよね。

 

そうやって気づかないうちに自分で出来ることを見落として、諦めてしまっているんだってことに気づけるようになれば、自分は今まで何をボーッとしていたんだって思うはずだよ。

その気になって探してみれば、自分が望むものを手に入れるために出来ることっていっぱいある。

それが可能性っていうものなんだ。

 

自分の今の人間関係の中からじゃ心を許せるような相手が見つからないと思うんだったら、外に探しに出てみればいいんだ。

自分が今まで行ったことのないところに出かけてみて、そこで出会った人と仲良くなってみるのもいい。

自分が今までやったことのないことを始めてみて、その繋がりで出会う人と仲良くなってみたっていい。

 

方法なんていくらでもあるんだから、まだまだやれることはたくさんあるんだよ。

一つ試してみてダメならまた次があるし、やってもやってもキリがないくらいやれることがあるんだ。

自分に出来ることがたくさんあるって気づくと、それを全部試そうと思ったって時間が足りないほどで、本当に忙しくなる。

 

なんだか後ろを向いて悩んでたのがバカらしくなるほど、出来ることがあって、それをこなせばこなすほど人生が充実していくんだ。

生きててもいいことないなんて思うなら、まずは今のその生き方やめてみればいいんだよ。

いいことないって思うような生き方してるのを全部ぶっ壊して、変えてしまえばいい。

 

今までの人間関係を全部捨てたっていい。

今住んでるところを離れてしまったっていい。

今時間を多くつぎ込んでることをやめたっていい。

 

そうやって自分に出来ること探してみれば、生きてるのっていいことだらけだなって思えるようになるからさ。

 

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント