人に親切にできないなら自分のためだと思えばいい

人には親切にしなさいと教えられて育ってきて、親切にできなかったときに何を思うだろうか?

自分はなんて冷たい人間なんだとか、思いやりがないとか親切にできない自分を攻めてしまうことはない。

親切なんてものは自分に余裕があるときにすればいいことで、自分のことすら精一杯の状態で人のことまで気にして世話を焼くなんてのはどうかしている。

 

たとえ親切にされて当たり前だという傲慢な人間に責められたとしても気にすることはない。

義務感でむりやりやった親切というのは、望んでやっていないことがなんとなくにじみ出てしまうもので、どうにも気持ち悪い。

自分に余裕があるときに、自分がしたいからするって状況でなければ親切にしようなんて思わなくてもいいんだ。

 

あまり親切にしようとすることばかりにとらわれてしまうと、親切にした相手から見返りがないことに怒りを感じてしまうだろう。

良かれと思ったことや、相手のためを思ったことが余計なお世話になってしまうのは独りよがりな親切を相手に押し付けているからだ。

自己満足を押しつけられた上に親切にしてやったのに、なんて上から物を言われれば感謝なんかしようとも思わないし、恩を感じることだってない。

 

こんなものは人に親切にしたいという自分の欲求を満たしたいだけで、相手が困ってようが、うざいと思われていようが関係ないんだ。

世の中にはそういう自己満足と親切を取り違えて、他人に親切にするように強要してくる人間はたくさんいる。

そんな人間の言うことを鵜呑みにして、自分は人に親切にできないんだって落ち込んでるのはバカみたいじゃないか。

 

どうせなら自分のためになるように、あくまで手段として人に親切にすればいい。

損得勘定で人に親切にするなんてとんでもないと批判する人もいるだろうけれど、そんな声も聞かなくたっていい。

人に親切にすることで自分の得になるようなことがあれば、人に親切にすることが自分のこととして捉えられるようになる。

 

その場では自己犠牲を払って親切にしたように思えるようなことも、後々それが自分に返ってくるときにもっと大きくなって戻って来れば先行投資だと考えられる。

もちろん望まない相手に親切を働くことはないけれど、だれかを助けたことで自分自身に返ってくることはたくさんある。

感謝されることによる自己肯定感だったり、噂によるイメージアップだったり、それこそ仕事に繋がったりもする。

 

助けた相手から直接の見返りを求めなければ、何かしら良い形で返ってくるものはあるんだから余裕のあるときにでも気まぐれで親切にしてみればいい。

目に見えないけれど何か得るものはあるはずだ。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント