嫉妬してもいい

生きていれば嫉妬のひとつやふたつくらいしたことあるだろう。

自分はこんなに頑張っているのになんであいつはいい思いしてるんだとか、生まれ持ったものが良すぎて自分とは比べものにならないとか、嫉妬の中身というのは本当に色々ある。

何かに嫉妬するというのは、自分がノドから手が出るほど欲しいものを相手が持っているからなんだ。

 

それでも嫉妬は必ずしも悪いことなんかじゃない。

嫉妬は自分を奮い立たせる原動力にもなるもので、その力を上手く使えるようになれば自分をより高みに連れて行ってくれる。

問題は自分自身が嫉妬をしていることに気づいていないことだったり、嫉妬した相手の足を引っ張ってなんとか引きずり下ろしてやろうと考えてしまうことなんだ。

 

嫉妬を自覚した上で相手を引きずり下ろそうとする行為は、相手を下げることによって自分の地位を保ちたいという自分を守るための行動だ。

知らないうちに自分と相手を比較してしまって、自分の尊厳を守ろうとするから反射的にこういった行動をとってしまう。

必要以上に比較をせずに、あくまでも自分が欲しがっているものを手に入れるためにはどうすればいいのかに集中することで、自分を奮い立たせる攻めの姿勢に転じることが出来る。

 

自分の嫉妬に気づいてすらいない場合パターンは少し手強い。

本当は欲しいはずのものを批判して叩き壊してしまうことで、その欲求自体から目をそらしてしまおうという行動なんだけど、これをやってしまえば本当に自分が望むものが分からなくなってしまう。

 

批判した手前、いまさら欲しいだなんて言えないということもあるし、自分が嫉妬したものを実は望んでいたんだというのは矛盾が生じてしまうから、なかなか自分でも認めることが出来ないんだ。

こうやって欲しいはずのものから目をそらし続けていれば、自分が望むものを探す能力だって衰えていってしまう。

 

誰かを批判したりする時は、そこに嫉妬の感情が入り混じっていないか自分に問いかけてみよう。

嫉妬を抱く対象こそが、きみの望んでいるものなんだとはっきり分かるはずだ。

欲しいものは何かと聞かれるよりも、どんなことに嫉妬するかと聞かれた方がより簡単に自分の望むものが分かったりする。

 

まずは嫉妬をしている自分を受け入れることから始まって、そのエネルギーを相手への批判や攻撃に向けずに、自分がどうすればそれを手に入れられるのかということに注ぐ。

方法を考えて、実際にやってみて行動に移していくようにすれば欲しいものに少しずつ近づいていける。

そうやって自分で欲しいものを追い求めることが出来るようになると、誰かに嫉妬を抱くことだってなくなっていくよ。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント