自分がつまらない人間に思えるのは付き合う相手を間違えてるだけだよ

なんだか自分がつまらない人間に思えてしまうのは、自分が面白いと思ったことが理解されなかったり、人からつまらない人間だと言われたり、そもそも自分には面白いと思えるものを持っていなかったりするからだろう。

そんなつまらない自分が嫌いになって、なんとか変わりたいと思ってみても何をすればいいのか分からなくて何も変えることが出来なかったりする。

またそうやって真面目に考えてしまうところがつまらない人間だっていう理由なのかもしれないなんて落ち込むこともあるだろう。

 

でもつまらない人間っていうのは、あくまでも周りが決めつけることであって、自分がつまらない人間だと思うのは、他人からの評価をそのまま受け取ってしまっているからなんだよ。

面白いとかつまらないとかってとても主観的なもので、何が面白いのか、何がつまらないかなんてものは見る人によって違うものだ。

人はたくさんいて、人によって色んな考え方をするものだ。

 

どんなにきみの周りにいる人間がきみのことをつまらない人間だと思っていようとも、この世界のどこかには、きみのことを面白いと思う人間も存在しているんだよね。

だから考え方を変えてしまえば、きみがつまらない人間なんじゃなくて、きみのことをつまらないと思う人間とばかり付き合ってしまっているだけなんだ。

それならきみをつまらない人間だと思う相手と付き合わないで、面白いと思ってくれるような相手と付き合えばいいだけなんだよね。

 

色んなところに出かけてみて、色んな人と会ってみれば、色んな考え方があるんだなっていうことが分かるだろう。

その中には、きみのことを面白いと思ってくれるような人だっているんだ。

人と会えば会うほど、そうやって面白いと思ってくれる人と出会える確率はどんどん上がっていく。

 

そして、きみのことを面白いと思ってくれる人たちと過ごすようになれば、そのうち自然と自分がつまらない人間だと思うことなんてなくなるんだよ。

きみは本当に面白い奴だな、なんて言われ続けていれば少なくとも悪い気はしないものだし、だんだんその気になってきて、どうしたらもっと面白がってくれるだろう?なんて考え始めるんだ。

その頃にはもうきみは、すっかり周りの人たちから面白い人だというイメージを持たれていて、自分がつまらない人間だと思うんだなんて悩んでいたことすら忘れてしまうだろう。

 

自分がつまらない人間だと思うとしても、大切なことは自分を無理に変えようとすることじゃないんだよね。

自分が自然に振る舞って、それを面白がってくれる人を探して、そんな人たちと付き合うようにすればいいんだ。

きみの中に眠る価値を見出してくれるような、大事な人たちを探しに出かけてみたらどうかな?

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント