何をしても嫌われることなんてよくあることだ

自分では何もおかしいことをしたつもりはないし、自然に振舞っているだけなのになぜか嫌われてしまうことはある。

そして、嫌われることが悪いことだと思い込んでいれば、なんとかして嫌われないようにしようと振舞って苦しい思いをすることになる。

自分のどこがいけなかったんだろう?何か気に触るようなことでもしてしまったのかな?と考えを巡らせてみるけど直接聞くほどの勇気はない。

 

嫌われないようにしようと思うことで、目立たないように主張もせずに我慢ばかりして生きることになってしまう。

それに嫌われないということは、きみが相手に対して何もしないということだ。

誰に対しても影響を与えないからいてもいなくても変わらない、嫌われないようにすることできみはこんな人間になってしまっている。

 

何をしても嫌われるというのはしょうがないことで、人の数だけ考え方がある以上はきみの考えを理解できない相手も、真逆の考えを持つ相手も絶対に存在する。

何もしなければ嫌われないということなら、何かをすれば必ず人に嫌われてしまうってことなんだよね。

どんな小さなことにだって気に入らないとケチをつけてくる相手はいるもので、そんな相手のことを考えてばかりいては自分のやりたいことなんか何一つ出来ない。

 

もしきみが誰からも嫌われていなければ、きみは何もしていないってこと。

もしきみが誰かから嫌われているようなら、きみは何かしら周りに影響を与えてるってことだ。

 

いてもいなくても変わらない誰にも影響を与えない生き方がよければ、人から嫌われないように生きればいい。

でもそんな生き方がイヤならば、誰かに嫌われるほど人に影響を与えて、きみがきみである必要がある生き方をしてみればいい。

嫌われ者になればそれだけ影響力を持っていて、代わりの効かない人間になれるってことなんだよ。

 

きみを嫌う相手は実はきみの味方にもなる人間で、誰からも注目されていないきみを一気に目立つ存在にしてくれたりもする。

悪口や陰口を言うかもしれないけれど、そんな人はきみがいないところできみを宣伝して回ってくれる広告のようなものだ。

きみが嫌われれば、きみの代わりにきみの存在をアピールしてどんどん広めてくれる相手が増えていくんだよね。

 

その中で、芯が通った人はきみの魅力に気づいて味方になってくれる。

色んな人に存在を知ってもらえば、それだけ好きになってくれる人だって見つけやすいんだ。

きみのことを嫌いになるような人をうまく使おう。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント