恐怖を乗り越えることで欲しいものが手に入るんだよ

恐怖や不安を避けて通りたいと思うのは自分の身を守るための防衛本能で、誰だって持っている感情だ。

だから恐れる気持ちや不安に思う気持ちそれ自体をなくすことは難しい。

でも勇気がある人って、不安を和らげて恐怖を乗り越えることをいとも簡単にやってのけるように見える。

 

恐怖や不安に負けてしまって身動きが取れない人と、勇気を持ってそれを乗り越えていく人は何が違うか考えてみると分かることがある。

恐怖や不安に負けてしまう人は、失うことを恐れて最悪の事態ばかり考えてしまう。

だから悪い想像ばかりを膨らませて頭の中が恐怖でいっぱいになり、思うように体が動かなくなって、行動に移せないから良いことすら起こらないんだ。

 

そうやって行動ができないことで、上手くいったという経験が少なくなるからさらに行動に移せなくなって負の連鎖が起きてくる。

経験してみたら思っていたことと違うことなんてたくさんあって、それは考えてるだけでは分からなくて、経験してみるからこそ分かることだ。

恐怖や不安で身動きが取れないっていうのは何もしてないのと同じってことなんだ。

 

勇気を持って乗り越える人だって恐怖や不安がないわけじゃない。

ただ今までにちょっと怖いなって思うことや、少し不安に思うことでも乗り越えてきた経験があるから、感覚としてなんとかなるっていうことが身についてるんだ。

少しずつでも恐怖や不安を乗り越えてみたっていう経験を積んで、どんどんレベルアップしてきたから、とんでもないことを平気でやっているように思うだけなんだよ。

 

今までの積み重ねが違うからもうダメだなんて思わずに、ちょっとしたことからでも克服する経験を積んで行こうよ。

今からでも少しずつ行動すれば少しずつ恐怖や不安にも慣れてくる。

だけど行動しなければ今までも何も変わることはないんだよ。

 

そして、生きていく上でとても欲しいと感じるものは恐怖や不安のすぐ側にあるものだ。

たとえば、自由に生きるためには誰から何を思われようとも構わずに自分を貫く勇気が必要で、人から批判されたり嫌われたらどうしようという恐怖を乗り越えることで手に入るもの。

大金が欲しければそれだけ何かにお金をつぎ込む勇気が必要で、お金を失って生活していくことができないかもしれないという不安を乗り越えることで手に入るものだ。

 

そうやって恐怖や不安を乗り越えた先には、どうしても欲しいと思うような大きなものが待っている。

自分が欲しいもののためなら何だってしてやると思えるのか、自分の欲しいものを諦めてしょうがなく生きていくのか。

それを選ぶのは自分自身なんだよ。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント