やりたいことを形にするには試行錯誤するしかない

きみはやりたいことがあるだろうか?

そしてそれは細部まではっきりとしているだろうか?

やりたいことをどうやって探せばいいのか分からなかったり、追いかけているのに全然近づけなかったり、なかなか上手くいかなくて見つからなくなってしまったりして簡単に手が届かない。

 

やりたいことをやれてる人を羨ましいと眺めているだけの人はたくさんいて、みんなどうやってやればいいのか分からなくて困っているんだけど、やりたいことをやれてる人は最大限のアドバイスをいくつもしている。

それでもなかなか伝わらないのは、結局やりたいことなんて本人が見つけるしか方法はないし、人に手伝ってもらうことも出来ないのに、誰かが自分のやりたいことを見つけてくれると期待してしまっているからだ。

 

じゃあやりたいことってどうやって見つけるのかってことなんだけど、これはもう手当たり次第にやってみることでしかない。

とにかくやってみて、違うなと思えばすぐにやめてしまう。

やめたら暇になるから今度はその時間を使って別のことをやってみる、ということを高速でこなせばこなすほどやりたいことを見つけやすくなる。

 

運が良ければすぐに見つかるけれど、すぐに見つかる人ばかりではない。

たくさんの中から選んで、違いそうだからやめて、また新しいものを手に取る。

これを繰り返して少しずつやりたいことが見つかる確率を上げていくんだ。

 

やりたいことって始めは漠然としていて具体性がない

ちょっと興味を惹かれて、いざやってみたら思っていたのと違ったってことはたくさんある。

人の想像力なんて所詮そんなものでいくら頭を働かせて考えたところで、実際にやってみるまでは何一つ確かなものなんてないんだ。

 

例えば、ぼんやりと何か商売を始めたいと思っていてもいざ始めるとなると、何を売るのか?どうやって売るのか?誰に売るのか?なんて決めるべきことがたくさん出てくる。

興味を惹かれてやり始める段階ってこんな風に漠然とした願望しか抱くことが出来なくて、具体的に決まっているってことはないだろう。

 

これはしょうがないことで、どんなに下調べをきっちりしても知識ばかりを詰め込んだ頭でっかちになりかねないし、直面もしていない現実をちゃんと見据えることなんてまず出来ないんだ。

 

やっていくことで分かってくる

興味を持つだけで終わらせないで実際に行動に移してみると、思ってもいなかった障害や、解決が困難な問題にぶち当たる。

この時にあまりに理想が先行しすぎていると現実とのギャップに耐えられなくなって、こんなはずじゃなかったなんて思いやめてしまう。

憧れが強すぎることで理想がどんどん膨らんでいって、現実との差が開いていってしまうんだ。

 

この憧れというのは、興味を持ったものになかなか取りかからずに、時間を置きすぎて熟してしまうほど大きく育っていってしまう。

恋愛などでも言われる結晶化作用と言うものだ。

 

理想ばかりが先行しないようにするためには、憧れが小さなうちからどんどん行動に移して、それによって問題に直面することで早いうちから現実が見えるようにすることだ。

知識ばかり蓄えて、万一に備えていたところで現実は何も見えてこない。

 

小さくても一つずつ行動に移すことによって問題を解決していき、数多くの選択肢の中から自分にふさわしいものを選んでいく。

そうやって試行錯誤を繰り返しているうちに、自分のやりたいことはより具体的になり、はっきりと形になってくるもんなんだ。

 

やりたいことってスタート地点で見つかるものではなくて、道の途中で見つけ出すものなんだと思えば迷うこともないだろう。

興味を惹かれるものは、あれもこれも全部やってみることで見える景色があるんだから。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント