怖くて踏み出せないところで思い切ってしまえば楽になれるよ

今までの自分からしたら絶対に選ばないだろうという方法や、そんなことはまずしないなんて行動はどうしたって怖さを感じてしまう。

だって今まで生きてきた経験からやるべきではないって思っていたり、やろうとすら思ってもいなかったことなんだから。

でもそうやって避けて通ってきた道があるなら試しに飛び込んでみればいい。

 

一度でも経験してみて本当にやるべきではないって思うのと、一度もやらずにただイメージだけでやらない方がいいなって思ってるだけでは大きな違いがある。

どんなに人から伝え聞いたとしても、自分が体験しないままでは何も実感がわかない。

 

この世には良いこと悪いこと、正しいこと間違っていること、たくさんの人が自分の思うように色々と声をあげている。

だけどそれをそのまま受け入れる必要なんてないんだよ。

きみにとっては、きみが感じたものが全てであって、いくら人から間違っていると責められたところで変えようがない。

 

だから体験してみよう。

間違っているかもしれないし、失敗してしまうのはイヤだからって避けて通ってきたところにきみが本当に求めるものがあるかもしれないんだ。

たとえ今と同じところに帰ってこれなくても、飛び込んだ分だけチャンスが生まれる。

 

配られたカードが悪いのに、そのカードをいつまでも抱えてゲームに勝とうとしていたってなかなか勝てるわけがない。

いくらでもカードを引き直せるのに、勝手に今のカードで勝負をしなければいけないって思い込んでいるだけなんだ。

引き直したカードが悪ければ、そのカードも捨てて次のカードを引けばいい。

そのうち良いカードが巡ってくるものだから。

 

人から嫌われることも、お金を失うことも、少しくらい痛い思いするのも大したことないんだ。

人なんてこの世にはたくさんいるものだし、お金だって二度と手に入らないわけじゃない、ちょっとくらいの怪我だって時間が経てば治ってしまう。

何かを失うことを恐れるあまり何もできないことの方が、自分が持っている時間という限られたものが失われていってしまうんだからね。

 

そして、勇気を持って飛び込んでみると分かることがある。

飛び込む直前が一番怖くて、飛び込んだ後は恐怖なんてなくなってしまうということだ。

怖いと思うのは、どうなるか分からないからであって、結果が出てしまえばもうそれ以上は怖いと思うこともなくなるんだ。

 

そう考えると、一番怖いと感じる時にこそ動くことがどれほど大事なことかと分かる。

怖いからやめておこうと恐怖を言い訳にしているのに、恐怖をなくすために飛び込んでしまうという行動を取らないからいつまで立っても動けなくなってしまう。

だからこそ勢いをつけて、思い切ってしまえば怖さを感じる間もなく物事が進むようになるんだ。

 

先のことを考えすぎたり、周りの意見を聞きすぎたりして集中力が欠けてないだろうか?

目の前にあるものをただじっと見つめて、そこに飛び込んでいけばいい。

そうすれば新しい景色が見えるはずだから。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント