自分がどんどん嫌な人間になっていくのは人のことを気にしているから

人に文句を言ったりケチをつけたりして最近なんだか心が荒んで性格が悪くなったような気がするってことが多くなると、自分がどんどん嫌な人間になっていくように思えてしまう。

本当は楽しく暮らしていたいし笑顔でいられる時間を過ごしたいはずなのに、気づけば誰かを妬んで恨んでばかりいる。

そんな嫌な人間になりたくなんてないよね。

 

誰かを批判して不満ばかりぶちまけてしまうのって自分が自分の生き方に満足できていないからで、それは誰のせいでもなく自分が選んできた結果なんだよ。

自分がそうやって生きてきたってことを認めたくないあまり、その満たされない気持ちを他人にぶつけて発散しようとしてしまっている。

でも結局はそうやって誰かを責めて生きたところで、きみの人生は一ミリだって良くなることはないんだ。

 

自分の生き方に満足できないのは自分の人生には足りないものばかりだと思っているからで、それは満ち足りた人たちを見たり、自分にはないものを持ってる相手がいたりするから感じてしまうことだ。

自分でも気づかないうちに自分の人生と他人の人生を比べて、勝手に劣等感を感じてしまうからなんだか満たされない気持ちになってしまうんだよ。

 

誰かが色んな人から慕われていようとも、お金に困ることなく生活できていても、誰もが羨むような物を持っていても、きみが満たされた人生を送ることとは何も関係がないんだ。

それなのに誰かを批判してしまえば、きみは自分が欲しい物自体を否定することにもなってしまう。

本当は欲しいはずの物を否定して、手に入らない自分の欲求をどこかへ消し去ってしまおうとしているんだ。

 

きみが欲しい物を手にして満たされた人生を送るためには、それをどうやったら手にすることが出来るかを考えて、実際に行動するしかないんだよ。

そうやって行動したって始めからうまくいくことばかりじゃないし、簡単に手に入るものばかりじゃない。

だけど諦めずに追いかけ続けないと手に入らないんだったらやるしかないよね。

 

自分がどうすれば満たされた人生を送れるのかを自分自身と向き合って、今なにをするべきだろうかと考えて生きていると、人のことなんて本当にどうでもよくなる。

他人を構ってる時間がもったいないと思うくらい、自分のことで夢中になれちゃうんだ。

そうなったら誰がどこで何をしてようが全然気にならないし、興味も湧かなくなる。

 

人のことを気にしなくなれば、誰かを批判したり悪口言ったり、妬んだり恨んだりすることもなくなって、自分が嫌な人間になっていくことなんてないんだよ。

自分の手に入れたいものに向かって夢中で突き進んでる人ってカッコいいでしょ?

自分には出来るはずないなんて思ってたら、いつまで経っても実現しないよ。

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント