人と違ってもいい

なんでみんなと同じになれないんだろう?

こんな悩みを抱えていないだろうか。

 

人と違ったことをすると何かと障害が立ちはだかる。

仲間外れにされたり、場違いだと言われてしまったり、何かと変人扱いされてしまったりと辛い思いをたくさんすることだろう。

 

でも人と違うってことはいいことがたくさんある。

上手く活かすことさえ出来れば、その他大勢に埋もれてしまうことはないだろう。

 

だから人と違ってもいい。

 

人と違うことはいいことだ

人と違うことに悪い印象を抱いてしまっているならば、まずはその印象を変えてみよう。

 

人と違うということは目立つということだ。

目立つから仲間外れにされたり、変人扱いされたりしてしまう。

 

でも目立つことってすごく有利なことだ。

同じことを言うのでも目立つ人が言うのと、目立たない人が言うのでは取り上げられ方が違う。

目立ってる状態で周りに良いイメージを与えれば、目立ってる分だけ影響も大きくなる。

 

そのためには良い目立ち方をするように心がけることだ。

そうすればそれを見つけた人が味方になってくれるから。

 

人と違うところに価値がある

人は誰かと同じようになろうとしても同じにはなれない。

だからこそ人と違うところに価値が生まれるんだ。

 

きみに苦手なことがある代わりに誰かがそれを得意としている

誰かが苦手なことがある代わりにきみがそれを得意としている

 

こうやってぴったりハマるところがある。

 

人と違うところってこういう誰かの苦手を埋める役割を持っている。

苦手なことを代わりにやってくれる人には価値を感じる。

 

だから人と違うことに価値があるんだ。

 

人との違いを見つけよう

きみが自分で気づいているところ、いないところ。

人と違ったところは必ずある。

それを探してみよう。

 

人との違いの発見がきみの価値を高める第一歩だ。

 

そして見つけた違いをどうしたら価値あるものに出来るのか。

これを探ってみよう。

 

そうすればきみは多くの人に影響を与えられる人になるだろう。

コメント