妥協してしまうくらいならやらない方が後悔なく生きられるよ

妥協してしまうといまいち自分の思った通りにならなくてどこか消化不良のようなモヤモヤした気持ちを抱くことになってしまう。

時間が足りないとか、お金が足りないとか、人に理解してもらえないとか、妥協してしまう原因は色々あるけれど、結局それで割りを食うのは自分自身だ。

妥協してしまった結果がとても満足できるものになることなんてないだよね。

 

そうやって妥協してしまうことで自分がいまいち満足いかなくなってしまうと分かっていても、今回はしょうがないと自分に言い聞かせて無理矢理にでも納得してしまう。

でも自分に言い訳を重ねて妥協してしまうことを繰り返していれば、自分自身でどこか自分のことを諦めてしまうようになってしまうんだ。

自分を信頼できなくなるからますます妥協してしまうようになっていって、満足できない生き方しか出来なくなっていってしまうんだよ。

 

そんな中途半端な満足感を感じて、後からもっと本気になれば良かったなんて後悔しても時間は取り戻せない。

とりあえずで妥協してしまうことなく、いっそのこと妥協するくらいならやらないでいた方がよっぽど後悔なく生きていけるんだよ。

中途半端にでも妥協して決断したっていう満足感は、自分の判断を曇らせてしまうからね。

 

妥協してでも行動したっていうことを自分で評価しすぎてしまえば、本当はもっと出来たはずのことをやらない言い訳に繋がってしまう。

少しでも行動したことに満足したとしても本当に欲しい結果が手に入るわけじゃないのに、自分はこんなもんなんだって限界を決めてそれ以上を求めなくなってしまう。

多少うまくいったことに甘んじて、自分の力を信じることをやめてしまうんだよね。

 

妥協を許さない決意をすれば、中途半端は許されなくなる。

妥協してしまうくらいならやらないという姿勢を貫けば、やる以上は本気でやるしかなくなるし、本気でやれば上手くいくかどうかは別として経験を得て大きく成長できる。

やらないで後悔したとしても、その悔しい気持ちがあれば次のチャンスは逃さないという決意に変わって、後々に繋がっていく。

 

妥協を許さず自分が決めたことに本気でぶつかり続けていれば、失敗して傷つくこともたくさんあるけれど、それだけ経験値が手に入ってどんどん成長していくことが出来るんだ。

時間がないならどうやって時間を作り出すか本気で考えるようになって、お金がないならどうやってお金を手に入れるか本気で頭を使うようになる、人に理解されないならどうすれば理解が得られるのか試行錯誤するようになる。

そうやって出来ることが増えていけば、自分の行動に確信を持てるようになる。

 

妥協してしまうのをやめれば貴重な経験がたくさん出来る。

そしてそんな経験を積んだ自分のことをもっと信頼できるようになって、さらに妥協することなく色々なことに挑戦できるだろう。

そうすれば自分がやりたいと思うことを何でもやってみるクセがついて、自分の生きたいように生きていけるんだよ。

 

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント