人と競うことが苦手なのに頑張っていても辛いだけだよ

人と競うことが好きでモチベーションを上げやすく、だからこそ結果を出しやすい人がいる一方で、人と競うことが苦手な人もいる。

なんだか周りが気になって、いまいち自分のことに集中できなくて、結果がついてこないから余計に人と競うことに苦手意識を持ってしまう。

これは生まれ持った得意・不得意だからしょうがないことなんだ。

 

人と競うことが苦手だと自分では分かっているのに、世の中は出した結果ばかりで評価されてしまう。

そうやってみんなと同じ土俵に上がって、人と競って、人よりもいい結果を残さなければ自分は認められないなんて思って自分を追い詰めているんだ。

苦手なことでも、人と競わなければ生きていけないと思い頑張ってしまうから、自分で視野を狭めて辛い思いをしてしまう。

 

確かに世の中は人と競うことで成り立っている部分が大きいかもしれない。

学校ならばテストの点数、職場ならば仕事の成績、会社だったら利益やシェア率など、何かで人と競うことを強制されて、良し悪しを判断される生き方ばっかりだ。

それでもそんな生き方しか知らないから、苦手なはずの人との競争を受け入れて、頑張るしかないと諦めてしまうんだ。

 

そもそも好きでもないのに苦手なことをやろうとすれば、どうしたって無理に頑張らないといけなくなる。

人と競うことが好きな人間の中に混ざって競争すること自体が、はじめから負け戦のようなものだ。

苦手なものを無理して頑張ってみたところで、好きで前向きに取り組んでいる人間に敵うことなんてないんだよね。

 

人と競うために無理してエネルギーを絞り出すのをやめてみよう。

競争に負けたって構わないし、自分の気持ちが楽になるのなら競争に参加すること自体をやめてしまえばいいんだ。

そうすれば今までどれほどのエネルギーを競争することにつぎ込んでしまっていたのか、よく分かるはずだ。

 

その膨大なエネルギーを自分の好きなことや得意なことにつぎ込んだら、一体どれほどのことを成し遂げられるだろうか?

時間も労力も苦手だと思うようなことに費やしたところで、あまり大きな成果を得られないものだ。

それだけ好きなことや得意なことをやるっていうのは、自分にとってもみんなにとっても効率の良いことなんだよ。

 

人と競うことが苦手なのにスポーツのような競技をやっているのなら、そのスポーツ自体を諦めることはない。

ただ競技のためにスポーツをすることをやめればいいだけなんだ。

人と競うことが苦手だったら求めるのは、速さや上手さではなく、そのスポーツを通した表現力だってこと。

 

例えばサッカーをやっていて人と競うことが苦手だと気づいたのならば、音楽に合わせてリフティングを絡めてダンスをするという分野だって切り開ける。

そこには人と競う競技性ではなく、オリジナリティという表現力が求められる世界があって、競争しなくても生きていける領域になっている。

サッカー以外にも自分が思いついたもので競技性ではなく表現力を求めていれば、いくらでも応用できるだろう。

 

人と競うことが苦手ならやるべきことは、人と違うことだ。

人と違えば競争相手がいなくなって、自然と競うことではなく、いかに表現するかという自分の内面と向き合う世界に身を置くことができる。

自分の好きなことや得意なことを昇華して、自分独自のものを生み出せばいい。

 

 

 

辛くなったらまたおいで。

それでは。

コメント